ログイン 
閉じる
 
   
 
看護部ブログ
【ブログ管理者プロフィール(看護部長:鴇田)】
生まれて初めての深夜勤務に遅刻してから早30年がとうに過ぎ、気が付けば新人看護師が自分の子供より若いことに驚愕しております。座右の銘は、「泣いても笑っても1日は1日。どうせなら笑って過ごそう」です。インドア派でしたが最近は健康を考え、アウトドア派に転向したいと思っていますが難しい・・・。生き物好きで犬から鈴虫まで何でもOK!特にカエルが好きです。飛行機と高いところとお刺身が苦手です。
ブログのタイトルは、365日24時間働く看護師をモチーフに考えました。
ブログへのご意見ご感想、働き方のご相談などblog@saisei.or.jpまでなんでもお気軽にお問合せ下さい。
お待ちしております♡
 
看護部ブログYou&I >> 記事詳細

2013/05/20 (月)

イレウス(腸閉塞)の勉強会by清水医師

先日「イレウス(腸閉塞)」について勉強会がありました。講師は当院外科医師の清水先生です。どの科においてもみられる症例なので内科病棟や整形外科病棟、外来からも多くの看護師が参加しました。医師の講義というと大体が難しい(失敬!)のですが清水先生の講義は大変分かりやすく、看護師目線の内容で思わず(そうそう)と頷いてしまう、あっという間の1時間でした。イレウス(腸閉塞)の病態を風船を使って説明したり、紙で作った腸が出現したり、画像あり、手書きありなんとも楽しい演出でした。(観て、聴いて、触って)五感を駆使して行うフィジカルアセスメントの大切さ。データーはデジタル(多量ではなく○○グラム、××ml)で表現すること。そして(この患者さん何かおかしい)と思う第六感が最も大事であること。それらを記録に残す。慣れるまでは観察項目を整理しオリジナルチェックリストを作ると便利。など具体的な内容でした。
「こんなことを聞いたら恥ずかしいと思わないでなんでも聞いてほしい」から始まった講義は同じ言葉でしめくくられました。講義のあと参加者からは絶賛の声が届きました。清水先生ありがとうございました。(鴇田)



カテゴリ:研修Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部