ログイン 
閉じる
 
   
 
看護部ブログ
【ブログ管理者プロフィール(看護部長:鴇田)】
生まれて初めての深夜勤務に遅刻してから早30年がとうに過ぎ、気が付けば新人看護師が自分の子供より若いことに驚愕しております。座右の銘は、「泣いても笑っても1日は1日。どうせなら笑って過ごそう」です。インドア派でしたが最近は健康を考え、アウトドア派に転向したいと思っていますが難しい・・・。生き物好きで犬から鈴虫まで何でもOK!特にカエルが好きです。飛行機と高いところとお刺身が苦手です。
ブログのタイトルは、365日24時間働く看護師をモチーフに考えました。
ブログへのご意見ご感想、働き方のご相談などblog@saisei.or.jpまでなんでもお気軽にお問合せ下さい。
お待ちしております♡
 
看護部ブログYou&I >> 記事詳細

2018/05/23 (水)

アナフィラキシーショックとは?

アナフィラキシーショックについて麻酔科丸山医師による多職種向けの勉強会が開催されました。アナフィラキシー(anaphylaxis)とはアナ=失う・逆 フィラキシー=防御力「無防御」という意味で名づけられています。薬剤や造影剤にかかわらず、食物や蜂などによるアレルギー反応で発症後、極めて短い時間のうちに全身症状が出る反応で特に生命の危険がある状態をアナフィラキシーショックといいます。ショック時の初期対応からアドレナリンの筋肉注射の量、ためらわずに行うこと、危険性の高い造影剤をしようする場合の備えなど詳しくレクチャーいただきました。医師、看護師だけではなく他職種で対応システムなどを共有していく重要性などが印象に残りました。(鴇田:聞き取り)

カテゴリ:研修Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部