ログイン 
閉じる
 
   
 
看護部ブログ
【ブログ管理者プロフィール(看護部長:鴇田)】
生まれて初めての深夜勤務に遅刻してから早30年がとうに過ぎ、気が付けば新人看護師が自分の子供より若いことに驚愕しております。座右の銘は、「泣いても笑っても1日は1日。どうせなら笑って過ごそう」です。インドア派でしたが最近は健康を考え、アウトドア派に転向したいと思っていますが難しい・・・。生き物好きで犬から鈴虫まで何でもOK!特にカエルが好きです。飛行機と高いところとお刺身が苦手です。
ブログのタイトルは、365日24時間働く看護師をモチーフに考えました。
ブログへのご意見ご感想、働き方のご相談などblog@saisei.or.jpまでなんでもお気軽にお問合せ下さい。
お待ちしております♡
 
12345
2018/02/23 (金)new

基礎看護学実習♡

愛国学園衛生看護科の学生さんたちが基礎看護学実習に来ました。これは臨地実習に入る前の実習で学生にとって初めての病院訪問となります。ほとんどがシャドーイング(見学)実習で短い時間で終わります。看護師に同行し看護場面を見学した学生が、看護師の役割をどのように捉えるかは個々の目的意識にかかってきます。例えばケアの見学をただ漠然と見ただけでは、看護師の役割は「ケアをすること」になります。しかし「何のためにケアを行うのか」を考えながら見学しないと「看護師は何をする人?」の答えが出てきません。ちょっと難しいかもしれませんが、看護師の役割が多様になっていく中、一見バラバラな看護活動に見えますが最終的には「その人らしいの生活の質」を維持することではないでしょうか。(やっぱり難しいかな~鴇田)

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/21 (水)new

環境整備は当院の課題!

今年に入り、インフルエンザが猛威を振るい外来受診患者さんが多くなりました。狭い待合スペースがさらに混雑し患者さんやそのご家族に大変ご迷惑をかけております。本当に申し訳ありません。特に発熱の方はその他の患者さんと隔離しなくてはならず、その部屋もいっぱいの状況で、急遽ついたてを設置し対応しております。加えて多目的コーナーを18日に設置しました。本来は今回の診療報酬改定に合わせた「入退院支援相談コーナー」となるはずでしたが、外来が混雑するインフルエンザの時期は多目的に流用し、受診環境の整備を優先したいと思います。(鴇田)

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/19 (月)new

第107回看護師国家試験

昨日18日、全国11都道府県30会場で第107回看護師国家試験が行われました。看護師(婦)国家試験は昭和27 年12 月に初めて実施されました。内容は非公表でしたがその後試験問題は公表されるようになりました。やがて国家試験科目も改正され年2回実施されてきた国家試験は昭和63年からは年1回春の実施となりました。平成9年からは試験実施時期は1週間早い2月第4週となり、合格発表も年度内に変更されています。平成14年からは合格発表時に合格基準が公表されるようになりました。現在、試験内容は必修と一般・状況設定に分かれ、必修問題は絶対基準で40点以上、一般問題・状況設定問題は相対基準で毎年65%前後の合格率です。一般・状況設定問題の得点がいくら良くても、必修問題で40点以上を取れなければ絶対に合格できないという昔では考えられない試験問題になっています。看護師不足が社会問題になっていますが質の維持も重要な課題です。すべての受験生にサクラサク春が来ますように。(鴇田)

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/17 (土)new

第36回千葉県看護研究学会

今年もアパホテルにて第36回千葉県看護研究学会が行われました。テーマは「ふれる看護!考える看護!つなぐ看護!~実践と研究の連鎖~」です。今回は残念ながら当院からのエントリーは無いのですが、植田師長さんが座長として一役を担いました。臨床の場で行う看護研究はとても負担です。終えてみると皆さん一様に「やってよかった」という感想になるのですがその過程が大変なのです。当看護部ではなるべく勤務時間として認めよう!ということで看護研究に充てる時間をポイント制にして予め付与しています。それでも「頭(思考?)の負担」は軽減できません。「いつか必ず糧になる」と伝え励まし、細々とですが看護研究を続けています。(鴇田)
13日のとんちクイズの答え:たいくつ(退屈)わかりましたか?(*^^)v

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/15 (木)

梅の花が咲いていました

寒い日が続きます。各地から大雪のニュースが聞かれ、日常生活に支障をきたしている地域をみると冬季オリンピック会場の平昌(ピョンチャン)以外は春になってもいいのに・・・と思います。「冬来たりなば春遠からじ」の思いでじっと耐える日々と思いきやなんと!最成の梅はすでにほころび始めていました。つぼみは今にも弾けそうに膨らんでいます。春は確実に近づいているようです。(鴇田)

カテゴリ:今日の出来事Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/13 (火)

まもなく診療報酬改定

平成30年2月7日中央社会保険医療協議会(中医協)にて、平成30年度診療報酬改定の答申が行われました。その資料が下の画像です。この答申をもとに3月には最終的な通知が出され診療報酬が改定されます。変更の届出、システムの変更、人員の配置検討など、大抵の医療機関は超多忙な日々となります。一部ですが私もこの資料読みました。元が法律用語みたいなものなのでわかりにくく疲れましたし、わからないところもありました。これらの解釈は柔軟な考え方でないとどうもダメみたいです。先日新聞の投稿記事に載っていたとんちクイズ(赤字)。私はなかなかわかりませんでした。柔らか頭のひとはパッとひらめくのかもしれませんね。答えは週末に掲載しますね。(鴇田)
「運動の時に履くのは運動靴。雨の日は長靴。では暇なときに履く靴は?」

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/09 (金)

朝から毛玉の話はちょっと・・・

先日のブログでスピーチを失念していたことを書きましたがこの時、もしSさんが出てこなかったら私が何かしゃべろう!と思っていました。ところがSさんのように気の利いたことが思いつかず、こういう時は動物ネタだ!と我が家の猫の話を考えていました。我が家の猫は10歳。人間でいうと56歳です。おばあさん猫というほどでもないのですがこの1年ほど毛づくろいを全くしなくなりました。見た目が悪いのでブラッシングをしようとすると噛むは引っ掻くはでとても太刀打ちできません。毛玉だらけの煤けた猫に「猫としてどうなのよ」と嫌味を言いますが本人(猫)は涼しい顔。特に困らないようです。年をとると人間も外見に無頓着になりがち。あと、怒りっぽくなるかも?気を付けなきゃ~というネタを考えていましたがし~んとするところでした。Sさんのさわやかスピーチでよかった・・・と心から思いました。(鴇田)

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/07 (水)

2月の朝礼

2月の朝礼のスピーチ当番は3階病棟でした。ところが・・・多忙な日々の中、師長さんをはじめみんなで忘れていたようです。(どうしよう!)(困った!)とざわざわしているうちに「スピーチをお願いします!」となりました。出てきたのは副主任のSさん。想定外であったことを前置きしてインフルエンザの流行について話し、みんなで頑張ろう!と締めくくりました。寒い朝でしたがほっこり暖かなスタートとなりました。(鴇田)

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/05 (月)

有相会総会③新年会

今年の③新年会は大パフォーマンス大会!優勝を狙って6組が出場です。今年度の流行りといえば・・・やはりバブリー☆彡♪でしょうか?もはや誰が誰だかわからない扮装と予想できない踊りとサプライズの演出に笑い笑い大笑いのひとときとなりました。ブログに掲載するには個人情報の問題がありますが・・・すんばらしいメイクに誰が誰だかわかりませんので載せます。この勢いをエネルギーに今年も1年頑張りましょう!(バブリ~(#^.^#))

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
2018/02/02 (金)

有相会総会②特別講演

今回の②特別講演は東京情報大学看護学部副学長加納佳代子先生によるご講演と創作講談です。加納先生は看護師として臨床実践後、看護管理者、大学教授を経て2017年より現職をされています。ご縁がありこの度「共育が職場と社会を変える」のご講演と創作講談「病気だって友だち」をご披露いただきました。加納先生は講談師「加納塩梅」としてもご活躍されています。講談を聞いたのは初めてという職員も多く、テンポが速く迫力のある発声に驚きの声も。講演も講談も「人としてどうあるべきか」を問われる内容で学びの多い時間となりました。ありがとうございました。(鴇田)

カテゴリ:その他Tweet ThisSend to Facebook | by:看護部
12345