ログイン 
閉じる
 
   
 
2階病棟
私たちの2階病棟は、医療療養型の37床の病棟です。
医療保険適用の療養病床は、一般病床での治療により病状が安定しているが更に医療の必要性と療養が必要な患者さんが入院される病床です。
スタッフは持てる知識や経験を生かし、患者さんにとってより良いケアを提供できるよう、努力しています。
20歳代からと幅広い年齢層が勤務し(年齢に関係なく仲がいいです。)急に子供の体調不良で休むことになっても、『お互いさま』とフォローし合って働くことができています。残業も殆どありません。
短時間パート勤務などワークライフバランスを大切にし、お互いに働きやすい環境を整えて、日々楽しく仕事をしています。

<入職して5年が経過しました。(Gさん50代)>
看護も介護も全く経験もなく30歳代後半で看護学校に入学し、卒業した時は40歳を超えていました。当初は物覚えも悪く、先輩の看護師に同じことを何回も質問し、毎日が失敗、反省の日々でした。「もう辞めよう、看護師には向かないのかもしれない」と何度も思いました。そんな時、看護部長に「今の部署が合わなかったら他の部署がある。その部署あ合わなかったら、まだ他にもある。諦めない、すぐ辞めると言わない」と言っていただきました。辞めたいと言ったら直ぐに「はい、どうぞ」と言われると思っていた私には大変有難い言葉でした。その言葉のおかげで「今月も頑張れたから、また来月も頑張ってみよう!」と1か月、また1か月と続けていたら5年が経過していました。今年は看護研究にも取り組んでいます。職場の皆さんにも協力してもらい、相談にものってもらっています。本当に感謝の気持ちで一杯です。この病院、この部署で働けて良かったと日々感じています。
<介護スタッフ頑張っています!(介護職20代)>
私の働く療養病棟では、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、私たち介護スタッフなど様々な職種が協働しています。仕事の内容は主に患者様の食事や入浴、排泄を介助することです。介護の知識は全くありませんでしたが、この仕事を始めて先輩方や勉強会などで教わること、学ぶことができました。患者様の中にはコミュニケーションを取ることが難しい、苦手な方もいらっしゃいますが、自分から挨拶や声かけを積極的にすることで、患者様から気さくに話かけていただけることもあります。日々忙しく、身体をよく動かすことが多い仕事なので大変ではありますが、患者様と接する時に「ありがとう」と言われたり、笑顔を向けられることで日々の仕事の忙しさ、大変さを忘れるくらい元気をいただいています。仕事をしていて患者様とふれあい、心を開いていただけて、仲良くなっていく日々が今、とても幸せです。