ログイン 
閉じる
 
   
 
肝臓疾患
肝臓は「沈黙の臓器」などといわれ、血液検査がきっかけで病気が見つかることもありますが、黄疸(体が黄色くなったり、尿が濃くなる)・食欲不振・倦怠感・腹痛といった症状で受診されて、病気が発見されることもあります。

1.脂肪肝
 肥満・過栄養・アルコールなどが原因で肝臓に脂肪が貯まる状態で、検診のエコー検査などで最も高頻度に見つかる病気です。アルコール性のものを除けば、適度の運動と食事制限などで元に戻る良性のものがほとんどですが、中には肝硬変に至る病態もあることが近年わかってきており、肝機能が悪化する場合は精密検査が必要です。
2.肝炎
様々なウイルスや、アルコール・薬物・自己免疫などが原因になって、肝障害が生じます。外来や短期入院で治癒するものもありますが、集中治療を要するものや難治性のものは大学病院などと連携して治療を進めていく場合もあります。慢性化した肝障害は、やがて肝硬変、肝臓癌と進行していく可能性があり、定期的な検査(採血・エコー、CTなど)が必要です。インターフェロンなどの抗ウイルス治療が適応になることもあります。
3.肝硬変
 肝疾患が進行すると、線維化(肝臓が硬くなる)が起こり、やがては肝機能が低下して、腹水・黄疸・消化管出血を引き起こすほか、肝臓癌の原因になります。これが、肝硬変といわれる状態で、進行すると不可逆的で治療は困難となりますが、初期の段階では抗ウイルス治療などで改善が望めることもあります。
4.肝癌
 原発性肝癌(多くは、B型・C型肝炎ウイルスの慢性感染が原因の肝細胞癌)と、転移性肝癌(大腸癌など)に分けられます。当院でも腫瘍の大きさ・数、肝機能に応じて、複数の治療法から適切なものを選択して行っています。
治療:手術(肝切除)
   焼灼療法(RFA:ラジオ波)3cm以下、3個以下のものなど
   血管造影を用いた肝動脈塞栓療法
   全身化学療法