ログイン 
閉じる
 
   
 
甲状腺疾患・一般外科疾患
甲状腺は頚部の前面にある、ホルモン産生を行っている小さな臓器です。外科で診療する疾患は甲状腺に結節(しこり)を生じる病気ですので、主には自覚症状・検診などでしこりを発見された患者さんに精密検査を行い、がんとの鑑別をつけることが中心になります。

【疾患】

1.良性結節
 良性腫瘍の大部分を占めるのは濾胞腺腫といわれるしこりです。
また、過形成といわれ、いわゆる真の腫瘍ではないのですが、しばしば発見される腫瘤として腺腫様甲状腺腫というものがあります。腺腫は単発、腺腫様甲状腺腫は多発であることが多いという特徴があります。

2.甲状腺がん
多くは比較的たちがよく、増殖がゆっくりであり、切除手術を行えば予後は良好です。しかし、中には他臓器の転移をきたすものものや、高齢者に多く急速に増大する未分化癌といわれるものもあり、化学療法や放射線治療を要する場合があります。

【診断の流れ】

1.視診・触診
2.超音波(エコー)
頚部にゼリーを塗って、専用の超音波装置で甲状腺や周囲のリンパ節をくまなく調べます。痛みは全くありません。
3.穿刺吸引細胞診
がんを疑う場合や質的診断が困難な場合に行います。触診下あるいはエコーを使って細い針を刺し、細胞を採取して顕微鏡で判定します。
4.CT・MRI
他の診断法で確定診断がつかないときや、甲状腺がんと診断した場合に病巣の広がり(がんの進展・転移の有無)を判定して治療方針をたてるのに用います。

当院で診療している主な一般外科疾患

そけいヘルニア
 入院手術治療を施行します
皮下腫瘤
熱傷
陥入爪

などです。