ログイン 
閉じる
 
   
 
がんの治療
 もし、皆さまががんと診断されたとしたら、とても暗い気持ちになられることと思われます。
 がんと知らされて--
 がんが進んでいるのではないか? 治療はどのようなものがあるのか? 痛いのではないか? 苦しいのではないか? 命に係わるのではないか?…と思い悩まれることと思います。しかし、正しい知識を持って、治療に臨んでいただければ、がんは決して乗り越えられない病気ではありません。
 そこで、少しでも、皆様の気持ちを整理していただき、治療に積極的に取り組んでいただけるように当院で、実際に行われている治療方法を紹介し、お役に立てていただきたいと思います。

(1)手術
がんを全て切り取ってしまえば、一番確実な治療となります。これを根治手術あるいは治癒切除と呼んでいます。近年、体に負担の少ない腹腔鏡下手術内視鏡手術も行われています。
 一方、がんが拡がっていて、手術で全てをとりきれない場合でも、出血や狭窄があれば、大部分を切り取って、あとは、薬物などで治療します。これを非治癒切除と呼んでいます。この場合、放射線療法、薬物療法などを加えた集学的治療を行って延命を図ることが必要です。
 また、がんは取らないでバイパスを作ったりして、食事が出来るようにする手術を姑息手術と呼びます。
(2)放射線療法
 放射線が有効であるがんでは重粒子医科学センター病院(稲毛区)などにご紹介しています。
(3)薬物療法
 化学療法(抗がん剤治療):がんを殺したり、増殖を抑えたりする薬剤を使います。
 免疫療法:がんに対する免疫力を高める治療です。注射や飲み薬があります。
 ホルモン療法:乳がんなどホルモン感受性のある(ホルモンで大きくなる)がんにおこないます。
(4)緩和医療
 がんの痛みや、吐き気などの肉体的、あるいは精神的症状を和らげる目的の治療あるいは看護を提供致します。