ログイン 
閉じる
 
   
 
がんの緩和医療
1.疼痛緩和
 終末期の3分の2以上で痛みが主症状になると言われ、生活の質を大きく損ねることになるので、十分な痛みのコントロールが必要です。WHO方式がん疼痛治療法が世界標準として行われており、当院でもこの方法を基に治療をしています。非オピオイド鎮痛薬(ボルタレン、ロキソニンなどの日常使われる痛み止め)から開始し、痛みの程度によってオピオイド鎮痛薬(麻薬性鎮痛剤)を加えて調節していきます。多くの痛みはこれで和らげられることが多いのですが、これらの効き難い痛みの場合は鎮痛補助薬(抗けいれん薬・抗うつ薬など)を使用したり、麻酔科医や放射線照射施設と連携して治療にあたることも積極的に行なっています。
 オピオイド(麻薬)は正しく使えば安全で、苦痛を最小限にしうる薬です。当院でも次のようなオピオイドを採用して使い分けています。
・モルヒネ(即効性の経口薬・座薬、注射)
・コデイン(強力な咳止め)
・オキシコンチン
(モルヒネの経口薬に代わって急速に広まった副作用の少ない持続性の薬です)
・デュロテップパッチ
(湿布のように貼って経皮的に吸収されるため、薬の飲めない方の鎮痛に非常に有効です)
・フェンタニルパッチ
2.その他の身体症状の緩和
 病気の広がりによって、食欲不振、便秘、吐き気、腹部膨満、呼吸困難等々さまざまな症状が出ることがあります。悪液質(がんによる全身の体力低下)が起こってくるとこれらの症状を必ずしも100%とることができないことも多いのですが、薬を使ったり、胸水や腹水を排液したりなど、できる限り手を尽くして苦しさを取り除くようにしています。ときには、腸管のバイパス手術等を行なうことで食事がとれるようになり、QOLが著しく改善することもあり、これは外科医が緩和医療にたずさわっている施設のメリットといえます。必ずしも延命治療を何もしないのが緩和ケアではなく、手術や化学療法の適応も含めて検討し、患者さまが快適な時間であればできるだけ多く過ごせるように援助していくのが大切なことと考えています。
3.精神的ケア・社会的援助
 終末期には抑うつ・不安といった感情が起こることが多く、器質的・精神的要因によりせん妄状態(意識障害や人格変化)に陥ることもあります。当院外科は急性期病棟ではありますが、できるだけ時間を割いて患者さまや御家族と接する機会を持つように努めています。入眠剤・抗うつ剤など適切な薬物療法で改善をはかることもあります。
 また、自宅での療養を希望する方には、在宅中心静脈栄養や訪問看護との連携など、最大限のバックアップをするようにしています。自宅療養の患者さまが具合が悪いときに、いつでも入院できる体制を整えていることも、当院外科の大きな特長であると思います。