ログイン 
閉じる
 
   
 
輸血管理部門

輸血管理

輸血用製剤の発注・保管・管理、自己血輸血の保管・管理を行っています。
  • 各科より依頼された輸血用製剤(赤血球濃厚液・新鮮凍結血漿・濃厚血小板)を血液センターへ発注し、保管、払い出しの業務を行っています。
 血液製剤は、警報作動温度設定付の薬用冷蔵庫で保管し、停電時は、自家発電に切り替わるよう対応しています。


警報作動温度設定付薬用冷蔵庫

 輸血療法委員会を設置し、血液の使用状況調査、輸血療法に伴う事故・副作用・合併症の把握、対策を行っています。

[自己血輸血]
 自己血輸血は、副作用や合併症を回避し得る最も安全な輸血療法で、手術に際してある程度の出血が予測される患者様に、事前に貯血を行い、輸血が必要になった時に使用する方法です。当院は、主に整形外科の手術の際に行っています。