職員における新型コロナウイルス感染症について(第2報)

2020年7月27日
7月5日に非常勤医、11日に職員が新型コロナウイルス無症状病原体保有者と判明したことをご報告させていただきました。両名とも、その後発症はなく現在は日常生活を送っております。また院内におきましても厳重な感染管理のもと職員の体調管理を万全に行なっており、その後の感染や有症状者は認めておらず、従来通り診療を行なっております。今後も職員一同、感染予防に全力を尽くしてまいりますので、皆様にはこれまで通り安心して当院をご利用頂きますようお願い申し上げます。 2020年7月27日(月) 最成病院院長 鈴木 孝雄 感染防止対策室 村吉 竹美