研修・教育

多様な働き方

通常の常勤に加え、日勤常勤、夜勤専従常勤があります。非常勤看護師も貴重なリソースとして勤務しています。看護協会のワークライフバランス推進事業に参加し、すべての職員が仕事と生活のバランスが保てるようそれぞれの働き方を支援しています。

教育システム

  • ・新入職者教育はプリセプターシップとOJTが基本となります。期限はありません。プリセプター、プリセプティーとも定期的にフォローアップ会議を開き部署全体で育成する方針を掲げています。ブランクありでも中途採用でも個々に合わせた教育指導を行っています。 ・当院オリジナル看護実践能力評価表「ステップ」を利用しています。(別表参照)
  • 利用する中、諸問題が発生し、現在日本看護協会が開発した「看護師のクリニカルラダー」を参考に見直しをしています。
ラダー
ラダー >>拡大

看護研究

嫌われ者の看護研究です(笑)なぜ看護研究を続けるのか、それは業務改善のためです。実践の場の看護研究は、日々の振り返りと業務改善に他なりません。期間は2年。すべて業務時間内(時間外は手当支給)で行います。
細々とですが継続は力なりで「やってみてよかった」と成果をあげています。

2019年第37回千葉県看護研究学会発表2題
「A病棟における術後せん妄スタンダードプランを用いた導入の効果」口演発表
「臥床状態にある高齢患者への食事援助方法への工夫~ギャッチアップ30度の食べやすい食事~」示説発表

資格取得支援(取得すると手当がつきます)

  • 日本糖尿病療養指導士
  • 消化器内視鏡技師
  • 呼吸療法認定士 
  • 認知症ケア専門士 

計12名の資格者が活躍しています。

院内外の研修について

公費公休で希望の研修(原則看護協会)に参加できます。
申請によって、看護協会以外の研修に参加することもできます。

主任看護師以上は認定看護管理者教育課程ファーストレベルを受講 認定看護師の育成も行なっています。
感染管理認定看護師1名 
認定看護管理者1名
認知症看護認定看護師教育課程受講者1名