病院の取り組み 医療安全に関する取り組み

医療安全に関する取り組み

  1. 安全管理に関する基本的考え方
  2. 『ヒューマンエラーは起こる』という前提に基づき、たとえエラーが起こっても結果が致命的とならないようにシステムを組織全体で整備していくことが重要と考え取り組みます。
    患者様の良質な医療を受ける権利、人格を尊重される権利を保証すると共に、医療の質の向上に努め、医療事故防止に対する職員の意識の向上を計っていきます。

  3. 安全管理のための組織に関する基本的事項
    1. 医療事故防止活動を推進し、安全かつ適切な医療提供体制を確立するための組織として「医療安全管理委員会」「医療安全管理室(医療安全部門)」「リスクマネジメント委員会」を設置する。
      1. 医療安全管理委員会
        医療事故に対する分析・防止策の検討、医療安全のための提言・教育に関することを審議する。
      2. 医療安全管理室
        専従のリスクマネージャーを配置。最成病院の組織的危機管理と医療の質保証のための調査、分析、提案、指導、評価を行う。
      3. リスクマネジメント委員会
        事故報告書の分析や予防策の検討、医療安全のための研修・啓発を行う。
    2. 各部署にリスクマネージャーを置き、医療事故の分析・防止策の検討を行い、改善への提言・周知を図る。
  4. 安全管理のための職員研修に関する基本的事項
    1. 研修は、医療安全管理の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法等を全ての職員に周知徹底することを通じて、職員個々の安全意識の向上を図るとともに、当院全体の医療安全を向上させることを目的とする。
    2. 研修は、リスクマネジメント委員会が具体的な立案を行い医療安全管理委員会で承認され実施される。
      1. 全職員を対象に、病院組織全体で安全管理に取り組み、医療事故を防止することができるように、年2回以上の安全管理教育を実施する。
      2. 部署単位、職種単位等でも定期的な研修会を実施し、特性に即したより具体的な安全管理教育を実施する。
  5. 安全の確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針
    1. 医療安全管理の推進に必要な事項を定めた「医療安全マニュアル」を作成し、医療事故防止対策に活用する。
    2. 積極且つ迅速な事故報告書の提出により、予防策及び再発防止策の検討・実施、危険予知システムの作成に努める。
  6. 医療事故等発生時の対応に関する基本方針
    1. 患者様に対する最善の処置を行うことを最優先に、診療関係者や上司に連絡し、的確・迅速な対応が出来る体制を整備する。
    2. 家族へは速やかに連絡し、説明は誠意をもって事実経過を正確に説明する。
    3. 医療事故の調査を行い、原因究明や再発防止策の策定等を評価検討する。
    4. 必要に応じ、第三者の意見を聞く。
  7. 医療従事者と患者との間の情報の共有に関する基本方針
    1. 患者との信頼関係を築くため、積極的に情報開示を行う。
    2. 本指針はホームページに掲載するとともに、患者及びその家族から閲覧の求めがあった場合はこれに応じるものとする。
  8. 患者からの相談への対応に関する基本方針
    1. 患者・家族へ安全で安心できる医療サービスを提供する為に、患者様相談窓口を設置する。
    2. 患者・家族の種々の相談に対し、適切かつ親切に対応する。
    3. 相談内容から問題点・課題を見つけ、医療安全並びに患者サービスの改善に生かす。
  9. その他医療安全の推進のために必要な基本方針
    1. 医療事故自体の削減を目的とした「医療安全マニュアル」の徹底と見直しを行い、患者様の利益を最優先に考える患者様中心の医療の実践に努める。
    2. 医療安全確保の為に、業務の標準化・統一化等に取り組み、患者様の参加等