看護部

看護部 鴇田

鴇田 佳容子
(看護部長・認定看護管理者)

最成病院看護部へのアクセスをありがとうございます。
高齢化に伴う疾病構造の変化は、患者さんが病気と共存しながら生活の質を上げる医療への示唆でもあります。重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、地域包括ケアシステムの中で必要な「生活支援型の医療」が求められています。最成病院の周辺は、千葉市の中でも特に高齢化が進む地域です。入院したときから元の生活に戻すことを目標に、多職種で退院支援に取り組み、地域の力を借りて、生活の場に帰ることを目指した医療を行っています。急性期から在宅まで、どの病期であっても、看護の役割は必然でありその拡大と柔軟性への期待は留まることはありません。
私たちの目指す看護は「私や私の家族が受けたいと望むケアの提供」です。地域のみなさま一人ひとりに信頼され、安心して当院をご利用いただけますよう研鑽してまいります。

最成病院  看護部サイト
(クリックすると専用サイトへリンクします。)

看護体制

【看護師数】143 名(非常勤を含む) 正看比率91%
【看護補助者数】59 名(非常勤含む)
【看護単位】5 病棟(一般急性期2 病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟、医療療養病棟)、手術室、外来
【病棟勤務体制】2 交代制
【看護提供方式】チームナーシング(受け持ち担当制)

看護部紹介

  • 1 階病棟

    消化器外科及び消化器内科の病棟です。入院される大半の患者様は手術や検査を目的に入院されます。患者さんやご家族の術前の不安の軽減に努め手術を無事に終えた後は創痛の緩和を図りながら早期離床に努めています。

  • 2 階回復期リハビリ病棟

    回復期対象の患者さんに対して、機能の回復や日常生活で必要な動作の改善を図り、寝たきり防止と社会や家庭への復帰を目的としたプログラムに基づき、多職種が協働で集中的なリハビリテーションを実施しています。

  • 2 階療養病棟

    慢性期の病状であるが引き続き医療的なケアや病院での療養を必要とする方を対象とし、医師の管理下で看護、介護、リハビリテーションなどを提供しています。また、終末期患者さんの療養生活を支える役割がある病棟です。長期入院患者さんが多く、意志表示が困難な日常生活自立度が最重度である方が多いことも特徴です。

  • 3 階病棟

    整形外科と内科の混合病棟です。整形外科は骨折や脊椎、関節疾患の手術目的で入院される方が大半を占めます。内科は肺炎や心不全など緊急性が高い患者さんが主に入院されます。痛みを抱え、日常生活に制限がある状態で入院されてくる方が多いため、安全で安楽な入院生活が送れるようにきめ細やかな看護を目指し、取り組んでいます。

  • 4 階 地域包括ケア病棟

    当院の地域包括ケア病棟の役割は、①急性期からの患者さんを受け入れリハビリを行う ②在宅復帰の支援 ③在宅介護や施設からの緊急時受け入れ の3 つです。高齢者が多く、急性期治療を終えてもADL が落ちてしまい退院ができない患者さんの多くを受け入れています。また、在宅復帰が困難な患者さんの担当者会議が毎日のように行われ地域と連携をとりながら、元の生活に戻す支援を行っています。

  • 手術室

    手術室は3 部屋と小規模ですが、消化器外科手術、内視鏡外科手術、乳腺外科手術、整形外科手術等を行っています。手術を受けるということは、ほとんどの患者さんにとって未知で不安なものです。そのような漠然とした不安を理解し、安心して手術を受けられるように常勤麻酔科医とともに看護師が術前・術後の訪問を実施しています。

  • 外来

    当院は、地域の病院として高度な医療機器と入院機能を有した二次救急医療機関です。複数の診療科の外来診療を行っている中、救急患者さんも受け入れています。地域医療連携の牽引役としての役割を担っており、近隣の診療所と相互に協力・連携し、地域医療への貢献に努めています。